menu

先輩社員の声
voice

Hayato Hasegawa長谷川 隼

店舗・オフィス運営事業部 
店舗担当

経営学部卒業 / 2016年入社

01.店舗・オフィス運営事業部の仕事内容

テナントに快適な営業空間やビジネス空間を提供し
オーナーの資産価値を向上させていくのが使命

店舗・オフィス運営事業部の仕事は、京王沿線を中心とした駅高架下や駅前の商業施設、オフィスビルの管理・運営業務、リーシング業務(賃貸物件の募集業務)の2つがあります。具体的には、物件のオーナーに代わって、建物の設備管理、テナントの誘致・賃料交渉・契約、トラブル対応などを行っています。

1日のスケジュールDaily Schedule

02.日々努力していること

トラブル発生時には、早急かつ適切に判断して対応

日常の管理業務では、テナントで設備故障などの緊急トラブルが発生した場合、私は営業担当として、設備の担当者と一緒に対応にあたります。トラブルの対応が少しでも後手に回ってしまうと大きなクレームにつながってしまう可能性があるため、テナントからお電話をいただいたら、最優先かつ早急に対応することを心がけています。現地に駆けつけて状況を確認し、対応にあたることも多いです。

リーシング業務では、京王電鉄をはじめとしたオーナーに代わって、テナントの募集や選定、条件の提案・交渉、契約・更新・解約などの業務を行います。業務の幅が非常に広く、今はまだ先輩の力を借りる場面もありますが、まずは一連の流れをしっかりと行えるよう、知識を磨くことを心がけています。

03.仕事のやりがい

一つひとつの案件に真摯に対応することで得られる達成感

現在の部署に異動して間もなく、ある商業施設で同時に多くのテナントの入替えが行われることになり、担当を私が引き継ぐことになりました。何もわからない状態から手をつけ、契約終了の通知をお渡しするところから新たな契約を結ぶまでの一連の業務を先輩の指導も仰ぎながら無事に期日までに終えられたときは、大きな達成感がありました。

同じ商業施設に入居していただくテナントであっても契約の内容はお客様ごとに一つひとつ異なり、案件に応じた最適なご提案と対応が求められるため、苦労もありますが、その分やりがいも大きいです。

04.今後の抱負

専門知識を蓄え、仕事の幅を広げていきたい

管理業務では、設備面は専門の設備担当がいますが、営業担当者がテナントとの窓口になる場面も多く、空調や給排水など設備関係の知識を求められることも多いため、自分で行えるように勉強していきたいです。身に付けた知識は、現在の部署の仕事ではもちろんのこと自分の日常生活、また今後のさまざまな場面でも活きてくると思うので、資格取得なども視野に入れて仕事の幅を広げていきたいと思います。

休日の過ごし方

月2回活動している会社公認の軟式野球部に参加しています。練習と試合を繰り返し、夏に開催される京王グループ大会で勝ち抜くため各々腕を磨きます。

野球のない日は学生時代の友人と飲みへ行くこともあります。また今年の夏は連休を利用し、甲子園へ行きました。

先輩社員の声 menu

先輩社員座談会

~Talk&Talk~

先輩社員座談会

詳しく見る

KEIO あなたとあたらしいあしたへ ー 京王グループ 2020年度採用京王グループ企業研究ページ エントリーはこちら

閉じる