menu

先輩社員の声
voice

Takato Sawaguchi沢口 剛斗

住宅運営事業部 
マンションサービスセンター

都市生活学部卒業 / 2018年入社

01.マンションサービスセンターの仕事内容

オーナー様と入居者様双方に喜んでいただけるサービスを提供

入社後の1年間は、橋本営業所と多摩センター営業所で賃貸仲介の業務に携わりました。OJTで指導してくれた先輩は「失敗してもいいから、とにかくやってみよう」という姿勢で、多くのことを経験させてもらいました。

2019年4月より現在のマンションサービスセンターで賃貸マンションの管理業務を担当しています。業務の中心は、賃貸物件のオーナー様との打ち合わせや入居者様の応対です。入居者様のご相談窓口としては、24時間365日対応しているコールセンターが設置されており、設備故障などのハード面のトラブルはそれぞれ専門の会社が担当しているので、私が担当するのは空室対策や家賃管理、その他のトラブル対応といったソフト面のサービス部分です。

1日のスケジュールDaily Schedule

02.日々努力していること

曖昧ではなく、具体策を率直に提示して解決の道を探ることで
お客様との信頼関係を築く

気をつけているのは、できないことは「できない」と率直に伝えることです。実現が難しいご要望をいただいた場合には、その場を収めるために「上の者と相談します」などと言うのではなく、最初から「それはできません」とお伝えします。「がんばりましたが、できませんでした」ではかえってお客様のためにならないですし、問題の解決を最優先に、次の手を考えていくことに時間を使うべきだと思うからです。

また、応対から2週間後、1ヶ月後などに、トラブルが本当に解決したかどうか、フォローの電話を入れるようにしています。「いつもお客様のことを気にかけていますよ」という姿勢をお伝えすることで、満足度の向上につなげることができると思います。

03.仕事のやりがい

オーナー様、社内の各部署との共同作業で
入居後の満足度向上に努めています

オーナー様の物件の資産価値を高めるために、空室だったお部屋のリフォームをご提案して、その提案を気に入っていただけた時、そしてその後すぐに入居が決まったという時には、やはり大きな達成感があります。

また、入居者様の目線から住みやすい部屋を追求し、営業所担当者からの報告などもオーナー様にお伝えして改善することで稼働率と売上を上げ、オーナー様・入居者様にも喜んでいただける、といった好循環を育むことができるところも、この仕事のおもしろさです。

04.就活生へのアドバイス

営業の武器は「トーク力」だけではなく
お客様との信頼関係をいかに構築できるかが重要

不動産会社の社員に求められる「営業力」というと、しゃべりの上手さ、お客様に対するトーク力の差だと思いがちですが、今はメールなどもあるので、必要な情報をタイムリーにお客様へ発信する細やかさやフォローするスキルも求められていると感じています。

実際、営業所で活躍している先輩方や同期を見ても、情報の収集をおこたらず、誠実に対応することで信頼を積み上げていく、それができている人はやはり数字を上げているように感じます。「自分は口下手かも」という方でも、不動産業界の仕事に魅力を感じている人は、ぜひ挑戦していただきたいと思います。

休日の過ごし方

休日は友人と買い物に行ったり、遠出をしたりすることが多いです。写真は先日、友人たちと金沢旅行に行ったときのものです。買い物をしたり、出かけてお金を使うことで頑張って働こうという気持ちが、さらに湧きます(笑)

先輩社員の声 menu

先輩社員座談会

~Talk&Talk~

先輩社員座談会

詳しく見る

KEIO あなたとあたらしいあしたへ ー 京王グループ 2021年度採用京王グループ企業研究ページ エントリーはこちら

閉じる